高度な専門知識を得る|行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

ウーマン

高度な専門知識を得る

大学生

学校選びに関する注意点

保育士資格は、厚生労働省によって認定された大学などの養成施設を卒業することで自動的に資格が与えられます。しかし、指定外の大学を卒業した場合には改めて保育士の国家試験に合格しなければなりません。養成校に行かない場合には、高校卒業後に二年間の実務経験を経て国家試験に臨むという方法もあります。保育士を目指すにあたって四年制の大学ではなく短期大学や専門学校を選ぶという方法もありますが、四年制大学の方が学習内容が深いためより高度な専門知識が得られるというメリットがあります。そのため、幼児教育についてしっかり勉強したいと考えている場合には四年制の大学を選ぶことが大事です。大学によってはより専門性の高い学科に分かれているため、自分の適正や希望に応じて選ぶことができます。

学部や学科の特徴

保育士になるための大学の学部にはどのような特徴があるのでしょうか。以下に詳しく説明をしていきます。保育士に関する学部は、主に社会福祉学部や教育学部に分類されます。それぞれが細分化されて保育学科や幼児教育学科などに分かれているため、実際にその学科で保育士資格が取得できるかどうか事前に確認しておくことが大事です。四年制大学になると、保育士だけでなく幼稚園教諭の資格も取得できるシステムが整っている場合があります。保育だけでなく幼児教育にも力を入れている保育施設も多いことから、こういった学部で勉強することで就職後に即戦力として働けるようになります。また、保育士資格だけでなく介護福祉士の資格や認定ベビーシッターの資格が同時に取得できる学部もあります。