子どもを扱う仕事なら|行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

ウーマン

子どもを扱う仕事なら

男女

我が子が

どの都市にも認可保育園、認可外保育園があり、保育士の需要は相変わらず高い傾向にあります。もし自分の子供に保育士になりたいと言われた場合、親としてどんな学校があるか、学費や年数などは知っておくべきでしょう。保育士になるには、定められた学校で履修課程を修了するケースと、通信教育などで勉強して試験を受けるケースと二つに分かれます。通信教育などは一度社会人を経験した人が多いので、一般的には高校を卒業したら短大か専門学校か大学に行って保育士となります。短大や専門学校は通常2年間、大学であれば4年間学校に通う事になります。保育士は国家資格ですが、学校を卒業すれば資格が取得出来るので試験対策というものは必要がありません。これは短大でも大学でも変わりません。

それぞれのメリット

短大や専門学校では2年間単位を落とさずに学校に通い卒業すれば、晴れて保育士の資格が取得できます。出来れば早く働いて欲しいと考えているなら、短大や専門のほうが良いでしょう。学費も安く済みますし、保育園で働いている人の多くは短大か専門卒なので気にする必要はないでしょう。ただ気をつけることは2年間に勉強や実習を詰め込んでいるので、長期間休んでしまうと単位の取得が難しくなります。通学の距離が遠かったり健康状態に不安があるならより注意が必要となります。一方大学に通った際のメリットは保育士の資格の他幼稚園の資格も取れることです。また4年間の期間があるので、パソコンの勉強や公立の保育園で公務員として働く勉強もすることができます。ただ、4年間大学に通う事になるので、やはり学費は倍になります。