人を助ける人気の仕事|行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

行政書士を独学で猛勉強すれば必ず道は開ける

ウーマン

人を助ける人気の仕事

相談

職に就くために必要なこと

言語聴覚士とは、言語障害や聴覚障害がある人に対して訓練や指導をしたり、対処法を見つけるための検査を行う職業のことをいいます。言語聴覚士になるためには国家試験を受けて合格する必要があります。また、国家試験を受験する資格を得るために気をつけなければいけないことがあります。高校を卒業したあとに、受験資格を得ることができる3年制か4年制の短期大学か大学、もしくは専門学校を卒業しなければなりません。もし、言語聴覚士を目指したいけれど違う科の大学に進学しているという人で現在通っている学校をどうするべきなのか悩んでいる人にも受験資格を取得する方法があります。現在通っている大学を卒業した後に受験資格を得ることができる指定された大学か大学院か専門学校で2年学び卒業すると国家試験を受けることができます。言語聴覚士を目指すことのできる学校をきちんと調べておくことが大切です。

人気の理由

高齢化が進む日本では、高齢者が増加していると共に老化の影響で言語障害や聴覚障害がある人が増えてきています。そのため、病院以外でも介護施設や老人施設でも言語聴覚士を必要とし、言語聴覚士の求人が増えてきています。患者さんとのコミュニケーションが大切になってくる仕事なので、やりがいを感じることができる点が人気です。また、夜勤もなく残業も少ないので女性にとって結婚してからも続けやすい仕事であることが人気をよんでいます。子育てが落ち着いて再就職を考えている人でも言語聴覚士は国家資格なので、再就職をしやすい傾向にあります。言語聴覚士はまだ知名度があまり高くないですが、今後の日本にとって需要が高まっていく職種だといわれています。